背景

一級建築士事務所 岸雄一郎+Tobitaka Design Officeとしての初めての案件。設計事務所設立時には仕事の依頼がない状態、そこから時が経ち、建築を作っていく人が建築家になっていく過程を垣間見ました。 東京大学の設計プロジェクトを通して実感したことは、ひたすらに「作りたい」という思いがひと時も途切れることがなかったということです。歴史ある学びの場に携わる、誇らしい仕事に出会え、感謝をしています。

設計・施工時のポイント

大学准教授や大学施設整備の方々と打合せを重ね、また行政対応も綿密に行い、農学の道を極めるべくこの場所で勤しむ学生たちに思いを馳せながら、施工関係業者の皆と共に創り上げました。極めて牧歌的な周辺環境と対峙できる、木素材を建築の主要な部分に用いました。
ソリッド感あふれる小屋梁や軽やかな軒先の空間によって、建築内外で繰り広げられるフィールドワークが柔らかく包み込まれることを願っています。

【Tokyo University施設設計プロジェクト】
設計監理:一級建築士事務所 岸雄一郎+Tobitaka Design Office 
所在地:東京都文京区
設計期間:2020/5~2020/12
岸雄一郎/建築設計監理

新着施工事例