背景

中国ハルビン出身の経営者さんから相談があり、東京で土地を購入しホテルを建てたいと連絡をいただきました。 お話しを伺うと、外国籍を理由に相談を受け付けてもらえないこともあるようで、お困りの様子でした。 手続きの違いはあれど、お仕事をする上で国籍は関係ないです。どなたに対しても要望を伺い、形にするという当社のスタンスをお伝えしたところ「東京の建築は全て高橋さんに頼む」と喜んでいただきました。

設計・施工時のポイント

香港やシンガポールといったアジアの大都市は土地相場が高騰して利回りの確保が難しい一方、東京は人口やGDPの観点からみて割安とされ、海外投資家たちから不動産投資先として注目されています。
今回お客様が選んだのは東京都新宿区の小泉八雲記念公園に隣接する静寂な住宅地でした。 
建築計画とファイナンス設計も進んでいましたが、新型コロナウイルスの影響があり、ホテル計画を変更、賃貸ルームとしてワンルーム10戸の共同住宅、オフィスを完成させました。
中国から東京に来ることができない中、オンラインで打ち合わせを重ね、通訳を交えながら打ち合わせしました。
容積率を考えるとお客様のご要望に沿うことが難しい点もあったのですが、空間を生かし、最大限スペースを利用した間取りを実現させました。
工費コストと空間を生かして戸数を確保するためにお客様と打ち合わせを重ね、一緒に完成をさせました。
設計も施工もスタッフも大きな経験値になった事例です。  

【ザ・リッツ新宿】
設計:栗山聖士/一級建築士事務所 岸雄一郎+ Tobitaka Design Office
担当:白井佳貴 栗山聖士/ 結プランニング
高橋慎治 / Tobitaka Design Office
施工:鳶高橋
所在地:東京都新宿区大久保
タイプ:S造、地上3F
用途:オフィス.集合住宅10戸
延床面積:237.71㎡
竣工:2020/6
高橋慎治/デベロップメント
白井佳貴/建築プロデュース・建築施工管理

新着施工事例